観光タクシーの車両のポイント

観光地おける移動の手段として、便利に利用することができるものに観光タクシーというものがあります。この観光タクシーは、現地のドライバーが運転を行なってくれるため、安心して移動することができる手段となっています。安心だけでなく時間の節約を行なうことができるほか、スケジューリングの手間を省くことができるなどのメリットを多く持っています。

そんな観光タクシーの利用についてですが、初めての場合には少々気をつけておかなければならない点もあります。それは、どのような車両を選択するのが良いのかということです。それでは、実際に観光タクシーを利用する場合の車種について、どのようなものがあり、どのような利用を考えられるのかを紹介します。

観光タクシーを利用する場合の車種として、まずは小型タクシーがあります。これは、一般的に見かける事が多いタクシーと同じようなサイズのものであると考えていただけるとわかりやすいでしょう。こちらのメリットとなっているのは、中型に比べてリーズナブルな価格で利用できるという点です。定員は4名ほどで、荷物は後ろのトランクに小さいスーツケースでしたら2から3個ほどは積めるようになっています。人数が少ないと、後部座席にも荷物を積むことができる場合もあります。小型タクシーでも長時間利用しても問題ありませんが、詰めれる荷物の量や広さを考えると、日帰り旅行などに適している可能性が多くなっています。

観光タクシーを利用する場合の車種として次に紹介するのは、中型タクシーについてです。こちらは小型のものよりもゆったりとした車内になっており、長時間利用する場合におすすめとなっています。後ろのトランクケースは大きめとなっており、通常のトランクケースであれば1から2個ほど積められるようになっています。こちらも定員は4名ほどになっています。

さらに、観光タクシーの中にはハイヤータイプのものもあります。こちらは、送迎などに適した車両となっており、例えば、初日着いた空港からホテルまでの移動などの際に使用するといいでしょう。VIP感あふれる高級感を醸し出す車種が多く用意されているのが特徴となっており、雰囲気のある中で移動を楽しむことができるようになっています。定員は4名ですが、3名で乗車してゆったりと贅沢な時間を過ごすのもいいかもしれません。

このように、車種によっても観光タクシーの魅力は様々であり、多くの選択肢を考えることができるのも魅力でしょう。愛媛県行ってみない?